フジタス工業株式会社

スペースの有効利用を考える|フジタス工業株式会社


スポーツ用可動床「畳める柔道場」 ホール用可変床 スライディングステージ 折りたたみステージ 引き出しステージ 昇降ステージ ポータブルステージ プロセニアムステージ フジトラック 移動階段「フジタラップ」
スポーツ用可動床「畳める柔道場」
必要最低限の収納スペースで最大限のホール活用が期待できます。

スポーツ用可動床「畳める柔道場」

商品説明メニュー

ラインアップ

FM-S型 フジマルチフロアS「畳める柔道場」エアブローモデル

FM-S型 フジマルチフロアS「畳める柔道場」エアブローモデルフジマルチフロア/エアブローモデルの最大の特徴はフロアに与えられたエアプロー浮上装置です。それにより15メートル角、15tもある本機でも数人の力で任意の位置に設置できます。また、複数の本機を連結するなどして利用すればホール全体のフロアを一変させることが可能です。今まで不可能であった各種球技との共有が可能になり他用途ホールの有効活用に期待が持てます。


エアブロー浮上装置
エアブロー浮上装置フロアの下に配されたマットはホバークラフトのような原理でエアを噴出させ空気の膜を床面との間に生じさせます。この膜はほんのわずかな厚みしかありませんが、確実に本機を床から浮き上がらせます。これにより本機は床との摩擦を限りなく低く抑えることができるため人の手で移動させることができるのです。
本機の設置場所は「定位置」というものがありません。限定されないことが自由で独創的なレイアウトを可能にし他用途ホールの魅力をさらに高めます。
自由度の高い収納場所
自由度の高い収納場所総重量15tもある本機ですが展開時でも収納時でも簡単に移動できるという特性を生かすことにより収納場所は同一フロアに限られません。 写真の例では本機を収納姿勢にし、大型リフトで地下の専用格納庫 に移動させ収納しています。 とかく同一フロアでの収納を要求しがちな大型機械装置ですが、本機なら収納計画の自由度が上がり、より多目的ホールの設計の自由度を向上させます。

FM-S型 フジマルチフロアS「畳める柔道場」エアブローモデルの展開写真

FM-S型 フジマルチフロアS「畳める柔道場」 スタンダードモデル

フジマルチフロア/スタンダードモデルは、壁面にアンカーされており、その場所を自由に移動させることはできませんが、設置時10mある奥行きを2m以下に小さく折りたたんで壁面に収納できます。これにより一部施設の改造工事のみで他競技とのフロアの共有ができ、必要最低限の収納スペースで最大限のホールの活用が期待できます。


設営&撤収 わずか6分(60Hz)
AC100V駆動、ワイヤレスリモコンによる遠隔操作で簡単に設営・収納ができます。
畳の敷き詰め・片づけの負担を軽減します。
収納スペースは奥行きわずか2m以下
(約10mの略式道場の場合)
約10mの略式道場でも2m以下に小さく収まり、専用畳収納庫も不要となり、スペースを節約できます。

このページのTOP


テキストナビゲーション

(c) FUJITAS KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.